----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

<抗凝固療法>

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

●プレタール (血小板凝集抑制剤)50, 100mg/1T、2T 2X     

 末梢血管拡張作用のある血小板凝集阻害剤

 

●ワーファリン(抗凝固剤、1mg, 5mg/1T)、各種血栓症、

●エパデール(300mg/1C、6T3X)閉塞性動脈硬化症に伴う潰瘍、疼痛、冷感の改善

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+<抗凝固療法>

●ワーファリン(効果発現までに2日間かかる)

3-5mg/dayより開始、3ー5日で維持量へ達する。

PTを20ー40%、TTを15ー30%, 出血をきたす際は、VitKをiv

●アスピリン、パナルジンは、1週間前より中止。

(ヘパリン)5000 unit ivに変更する。

10-20 unit/Kg/hrでDIV or 100-200 unit/Kgを8ー12hr毎にim

APTTをコントロールの2ー3倍にもっていく。

ACTを150ー200(正常は100)

●ワーファリン3T

●プレタール2T

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

Aorta-Femoral bypass:せいぜいASOに対して、プレタールぐらい

Axilla-Femoral bypass:ワーファリン、パラミジンで強力にグラフトの詰まるのをふせぐ。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+■抗凝固の作用の消失について

 

●ワーファリンは、48時間で作用なくなる(3日間)

●パラミジン(300mg/1C)(早い)

●プレタール(3日間で消える)

●パナルジンは、心カテ10日前にやめさせる。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+◆硫酸プロタミン(止血薬)100mg/10ml,  ヘパリンの中和

硫酸プロタミン1mgは約100単位のヘパリンを中和する。ヘパリン1000単位を中和するのであれば、ノボ硫酸プロタミン1.0ml(硫酸プロタミンとして10mg)を静脈内投与する。

ヘパリン中和、硫酸プロタミン100mg/10ml

ヘパリン1000単位に対して、10-15mgをDIV,一度に50mg以上のivはさける。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+