----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

<不整脈>

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

■不整脈

 

(1)一時的に放置して良い不整脈

 

1)Adams-Stokes発作のない洞性徐脈(PR>40)

2)I度、及び、II度Wenckebach型AV block

3)上室性期外収縮、SVPC

4)単独の脚ブロック

5)散発性の心室性期外収縮

6)発作性上室性頻脈(発作時心拍数180/分以下で、

自覚症状の軽いもの)

 

(2)術前より治療を必要とする不整脈

 

a)徐脈性不整脈

           ・Adams-Stokes発作のある洞性不完全症候群

           ・Mobitz II型、あるいは、完全房室ブロック

b)上室性頻脈

          ・心房細動(Af)、心房粗動(AF)で頻脈性のもの

          ・発作性上室性頻脈(PSVT)(発作時心拍数180/分以上)

c)一部の心室性期外収縮(多発、多源性)

d)QT延長症候群

 

(3)術中、術後に処置を要する不整脈

 

・頻脈性のAf、AF、PSVTの発作

・心室性期外収縮の多発(5/分以上)

・多源性、short run、R on T等の心室性不整脈

・心室性頻拍、心室粗動、心室細動

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

■<抗不整脈剤>

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

Ia (Naチャンネル抑制)         Af停止予防、上室性頻拍停止、

 

キニジン(quinidine,100mg/1T)            0.2 - 0.6 g/day, X1-3

アミサリン(procainamide,100mg/1ml) 一日1.0-1.5gX3-4, iv 0.2-1.0g

リスモダン(disopyramide,50mg,100mg/1T)   一日300mg X2-3

 

 

Ib (Naチャンネル抑制)        期外収縮予防

 

キシロカイン(lidocaine,100mg/5ml) 

一回1-2mg/kgを1ー2分でiv,以後100-200mg/hr

 

 

Ic (Naチャンネル抑制)       心室性期外収縮

 

メキシチール(mexiletine, 100mg/1T)  一日3 300-400mg X3-4

 

 

II (β受容体遮断)              上室性、心室性期外収縮

 

インデラル(propranolol,10,20mg/1T)1日30-60mg X3,1回1-2 mgX1-2 

 

 

III (活動電位持続時間の延長) 心室性頻拍、心室細動の予防、

 

amidarone 初期1日0.8-2.0g X2

維持1日0.2-0.6g X1

 

 

IV (Ca拮抗剤)                    上室性頻拍抑制、上室性頻拍停止

ワソラン (verapamil, 5mg/2ml, 40mg/1T)

                            1日120-240mg X3    1回2.5mg-5mgを5分以上かけてiv

ヘルベッサー(diltiazem,30mg/1T, 10, 50mg)

   1日90-180mg X3 一回10mgを5分以上かけてiv

アデホス(ATP)       一回10-20mgを急速iv

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+