----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

喘息

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

<喘息>

----------------------------------------------------------------

■喘息発作

ネブライザー       アロテック 1.0 ml

アレベール 1.0 ml

ビソルボン 1 ml

生食    1ml

---------------------------------------------------------------

Asthma管理(下村ハツ)

アルデシン吸入                     4回/day

メプチンエアー吸入                   ネブライザー

----------------------------------------------------------------

◆吸入剤(抗アレルギー剤)アルデシン(1缶12g,7mg含有)喘息に対して

一回2吸入(100μg)一日4回

アゼプチン2T2X, テオドール4Tor2T 2X

----------------------------------------------------------------

◆喘息発作:アミノフィリン(ネオフィリン)1A(10ml, 250 mg)

2A(500mg/20ml) + NS30mlで、50mg/hrで、5ml/hrで維持点滴

----------------------------------------------------------------

◆小児ネオフィリン投与:ネオフィリン3-4mg/kg(一日量)、

kgの場合、(27mg + 5%TZ 30ml)で、約1mg/ml DIVで開始。

----------------------------------------------------------------

◆テオドール(ネオフィリン)(250mg/10ml)40,100,200mg/1T

2ml/hr(原液)で投与、喘息発作予防のために、0.7mg/Kg/hrで維持した。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

◆テオドール(ネオフィリン)(250mg/10ml)40,100,200mg/1T

2ml/hr(原液)で投与、喘息発作予防のために、0.7mg/Kg/hrで維持した。

ソルコーテフ500mg/4ml、Asthma発作に対して

ショック、喘息重積状態に対して、ヒドロコルチゾン(ソルコーテフ)0.1-1g

1回250-1000mg, 1日1回から数回iv, div

----------------------------------------------------------------

◆ネオフィリン(アミノフィリン)250mg/10ml, 100mg/1T

適応)気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の急性憎悪、心臓喘息

 

1)24時間以内に徐放性テオフィリン製剤の投与を受けていない場合、または、血中テオフィリン濃度が5μg/dl以下の場合、

アミノフィリン1mg/kgのローディングで血中テオフィリン濃度は、約2μg/mlの上昇が見られる。体重50Kgに対して、(ネオフィリン注(250mg)1A+20%TZ20ml)を5分以上かけてゆっくり静注する。これで、不十分な効果なら、ネオフィリン注(250mg)1A+ソリタT3500ml)6時間かけて点滴静注する。または、シリンジポンプで、0.9mg/kg/hrで投与しても良い。

 

2)徐放性テオフィリン製剤を連日400mg/dayで内服している場合、または、血中テオフィリン濃度が5-10μg/dlのとき、

ローディング量を1/2に減量する。体重50Kgの症例を初回投与量としては、ネオフィリン注(250mg)1/2A+20%TZ20ml)を5分以上かけて静注する。さらに必要に応じてネオフィリン注(250mg)1A+ソリタT3500ml)6時間かけて点滴静注する。

 

3)徐放性テオフィリン製剤を連日400mg/dayで内服している場合、または、血中テオフィリン濃度が10-20μg/dlのとき、

ローディングは行わず、同様にシリンジポンプで、0.9mg/kg/hrで投与しても良い。

副作用)嘔気嘔吐、頻脈、不整脈、

----------------------------------------------------------------

◆ソルコーテフ500mg/4ml、Asthma発作に対して

ショック、喘息重積状態に対して、ヒドロコルチゾン(ソルコーテフ)0.1-1g

1回250-1000mg, 1日1回から数回iv, div

◆グルココルチコイド

適応)補充療法としての内分泌疾患、抗炎症作用を期待する非内分泌疾患(気管支喘息、アレルギー疾患、皮膚疾患、炎症性腸疾患、肝疾患、悪性新生物、ショック、脳浮腫、脊髄損傷、ARDSなど)

hydrocortisone(水溶性ハイドロコートン)作用時間短い

predonisolone(プレドニゾロン、プレドニン)中間型

dexamethasone(デカドロン、)長いもの

----------------------------------------------------------------

◆フェンタネスト 0.1mg

0.1mg/Kg,  Pt(27Kg)は、27A, 100r

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+