----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-<輸液>

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-■外傷/輸液・輸血療法の目標

1)収縮期BP ≧100mmHg

2)心拍数 ≦ 100/min

3)時間尿量 ≧ 1 ml/Kg/hr

4)CVP 5-10 cmH2O

5)Hct値 30-35%

6)意識状態の改善

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

◆<輸液>

術後オーダーメニュー(例)

1)フィジオゾール3号500ml

                     カルボキシン50mg

フラビタン20mg

ケイツー10mg

パントール250mg

ビタシミン500mg

ハイコバール500mg

2)フィジオゾール3号500ml

3)フィジオゾール3号500ml

4)フィジオゾール3号500ml

5)フィジオゾール3号500ml

末梢)ラクテック100ml/hr

<ルート>

a)ホスミシン1g + NS 100ml X2

b)セフメタゾン1g + NS100ml X2

c)ビソルボン4mg X3

d)アドナ100mg + トランサミンS 1g X3

e)プリンペラン10mg, パントール250mg X3

 

発熱時:ボルタレン50mg

不穏・疼痛時:ソセゴン15mg+アタラックスP25mg im

検査:CXP, 緊急検査、血1、生化

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

◆アスパラK

◆KCL

◆塩化カルシウム

◆ノルアドレナリン(1mg/1ml)

◆エホチール(10mg/1ml)

◆イノバン(100mg/5ml)

◆ドブトレックス(100mg/5ml)

◆インデラル(2mg/2ml)

◆ネオフィリン(250mg/10ml)

◆セジラニド(0.4mg/1ml)

◆ラシックス(20mg/2ml)

10%フェノバール(100mg/1ml)

2%キシロカイン(5ml)1-2mg/Kgで投与、その後、1mg/hr/kgで持続

◆プロタノール(0.2mg/1ml)

◆ミリスロール(5mg/10ml)10ml( 原液)でよく効く

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+ 

◆ハイカリック1号:500kcal

◆ハイカリック2号:700kcal

◆ハイカリック3号:1000kcal

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

1)ハイカリック2号700ml

  アミパレン300ml

  ネオラミンマルチ1V

  10% NaCl 2A

2)ハイカリック2号700ml

  アミパレン300ml

  10% NaCl 2A

<側>イントラリピッド

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

KCL投与:K 一日 1 mEq/Kg

アスパラK(10mEq)2Aまでは、点滴500mlに入れられる。

500mlで20mEq入れる>

最大40mEq/Lまでである。1hrまでが限度(通常K 20mEq/hrが上限)で、1hr後にはK1mEq/L上昇する

0.2 mEq/Kg/hr投与

 

出血:500mlまではアルブミンで頑張る。

1000mlで輸血を考える。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

CRC   (400由来)は、(2単位)240ml, (200由来)は(1単位)120ml

FFP(1単位)は80ml、(2単位)は160ml

輸血セット:1 mlは、15滴

100ml/hr, 1500ml/hr, 25滴/hr,

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

◆ラクテック注(500ml)1000ml中           塩化カルシウム 0.2g

塩化カリウム 0.3g

塩化ナトリウム6.0g

乳酸ナトリウム3.1g

Na+ 130 mEq/l

K+      4 mEq/l

Ca++ 3 mEq/l

Cl-    109mEq/l

Lactate 28mEq/l

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

◆ソリタT3(500ml)           Na   35 mEq/l

K     20 mEq/l

Cl    35 mEq/l

L-lactate 20 mEq/l

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

IVH

1)トリパレン1号       600ml              2)トリパレン1号       600ml

アミパレン           300ml                   アミパレン           300ml

10% NaCl     20ml                      10% NaCl     20ml

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

◆水分欠乏量 = 体重x0.6X(1 - 健康時Hct or TP/現在Hct or TP)

= 体重x0.6X(1 - 140/現在Na)

= 体重x0.6X(1 - 285/現在血しょう浸透圧)

Na欠乏量(mEq) = (正常血清Na値140mEq/L - Na測定値) X 0.6 X 体重

 

◆K欠乏量(mEq)(血清K値を参考)

1)3.0 mEq/L 以上の時、  1mEq/L低下につき、100-200mEqの不足

2)3.0 mEq/L 以下の時、  1mEq/L低下につき、200-400mEqの不足

血液pHの変化のあるとき

1)pHが0.1低下につき、血清K値は0.6mEq/L上昇する

2)pHが0.1上昇につき、血清K値は0.6mEq/L低下する

HCO3-欠乏量(mEq)

代謝性アシドーシス

= (25 - 血清HCO3-値) X 体重Kg/5

 

不感蒸泄(900ml) + 便(100ml) - 代謝水(300ml) + 尿量(1000-1500ml) = 1700 2200 ml

 

Na維持量:50-180 mEq/day (NaCl 3-5g)

K欠乏量:尿20ー30mEq/day排泄、K維持量:40mEq/day

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

■輸液速度

単純電解質

Na液:低張食塩水:250-400ml/hr(Na 20-30 mEq/hr)、

                            急ぐときは500ml/hr(Na38.5mEq/hr)

等張食塩水:(生食)通常100-200ml/hr(NaCl 15-30 mEq/L)

                            はやくても300ml/hr

高張食塩水:50mEq/hr以内(10%NaClで30ml/hr以内)

                            14.5%NaClでは、20ml/hr以内

K液:許容濃度:50 mEq/L、これを20mEq/hr以下で投与

複合電解質液のKは、20ー40mEq/Lで、ゆえに、250-500ml/hrの速

度でも差し支えない。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

Ca液:0.5 mEq/min以下

<複合電解質液剤>

Kについては、20ー35mEq/L程度で、200-400ml/hrでもさしつかえない。

ブドウ糖高濃度(10%)のものは、250ml/hr以内

 

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-■<栄養輸液>

糖:0.4-0.5g/hr/kg以内(5%ブドウ糖では、500ml/hr)以内、これ以上だと尿中に糖が失われる。果糖は、0.15g/hr/kg(5%果糖液で150ml/hr)、キシリトールは、0.4/hr/kg。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

■<アミノ酸製剤>

糖:アミノ酸 = 2:1で与えると、Protein合成がうまくいく。

           アミノ酸総量としては、10g/hr、または、152ー160mg/min

一日最高投与量は、アミノ酸総量として、40-60gが限度

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

■<脂質剤>大豆油乳化剤、イントラリピッド

10%脂肪乳化剤として、最初の10分間を20滴/分、30分以後は、60滴/分、投与量は1日1g/体重/kg

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

■<膠質輸液剤>

1)アルブミン・プラズマネート

25%アルブミンは2ml/min以下、5%加熱ヒト血奬タンパクは、5-10ml/min以下

2)デキストラン

40-50gを5ー6hrかけて、(10%液として100ml/hr以下)

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

■<高カロリー輸液>

50-60ml/Kg/day、電解質1.5倍

基準投与量/day     成人

水分                      50ー60ml

エネルギー  40ー60kcal

糖質                      7ー10g

脂肪                      0.5-1g

アミノ酸                 1ー2g

Na                      2-3mEq

K                      1-2mEq

Cl                      2-3mEq

Ca                      0.4-0.5mEq

Mg                      0.1-0.5mEq

P                      5-10mEq

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

パレメンタール   A液:Ca含有

          B液:P含有

ハイカリック1、2、3号(Na, Clを含まない)

Na含量の多いアミノ酸製剤と混合(プロテアミン12X)

 

<アミノ酸液>通常kcal/N比は、150ー200で投与、

つまり、2000kcal投与時には、60-80gのアミノ酸

 

膠質液:多くて1g/kg/day、脂肪輸液剤を3ー4日毎に500ml投与すればよい。

 

導入法:ブドウ糖濃度10-15%、1000kcal/dayから開始。

ブドウ糖を20%、25%と上げていく。3日間で目標にする。

DM ptの時は、BS<<200mg/dl

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

輸液:40-50 ml/Kg、BW=50Kgなら、2000-2500ml/day投与予定

    40ml/hrなら、24hrで1000ml/day

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

逃げていく水分:上腹部500-1500ml, 下腹部300-800ml, 表面250-500ml

Na = Cl- + HCO3- + 13.3

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

尿量   120 ml/hr以上 → ラクテック20ml/hrずつ減

       90 ml/hr以下 → ラクテック100mlずつ増

 

19滴:1ml

60滴:1ml(小児用微量点滴)

60ml/hrは、1ml/1min、19滴/60secは、3滴/10sec

 

10sec   3滴           60ml                      輸血40滴/分,120ml/hr

5滴       100ml

7.5滴       150ml

10滴       200ml

12.5滴        250 ml

15滴       300ml

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

急変時輸液:外液系(ラクテック500mlorパレメンタールorラクテックG)(Kのふくまれていない外液系をfirst choice)し、尿量維持されてから、ソリタT3などのK入りの維持液に変える。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

脱水時:心不全(ー)な時、まず急速に2時間ほどで、2Lほど行い、尿量がでないなら、原因を他に考える。心不全(+)なら、ラシックスもかける。

不感蒸泄(800-1000) + 脱水量(800-1000) + 2000ぐらいのバランスを考える。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-