----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

INJECTION 2

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+-

◆ヘパリン (5000 units/5ml)

Angio検査後、0.1ml (100units) one shot

◆ヘパリン:ATIIIとcomplexをつくり、凝固因子を中和。

                  70 units/Kg投与、iv

 

15 units/Kg/hr持続点滴

20000-30000単位/24hr

血栓形成阻止のために血漿ヘパリン濃度を0.3-0.4単位/mlに維持

----------------------------------------------------------------

◆硫酸プロタミン(ヘパリン中和剤):

ヘパリン1000単位に対して、1.0-1.5mlを投与する。時期により異なる。副作用)血圧低下、徐脈、顔面紅潮、熱感

----------------------------------------------------------------

◆セジラニト(0.4mg/2ml)

0.3ml+5%5cc)は、0.06mg→iv、   0.04-0.06mg/Kg

----------------------------------------------------------------

◆ラニラピッド(0.1mg/1T):ジギタリス製剤、

適)Afによる頻脈、PSVT、弁膜疾患、うっ血性心不全、

飽和療法:飽和量0.6-1.8mg):初回0.2-0.3mgを1日3回、

維持療法:0.1-0.2mg/day

----------------------------------------------------------------

◆頻脈PR>160: ワソラン(5mg/2ml), 一日極量360mg

(一回5mgを5分かけて徐々に投与する。)

(ワソラン(5mg/2ml)+5%TZ 18ml)=20mlをつくり、5mlを静注

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

◆リスモダン100mg/1T(ジソピラシド)適)期外収縮、発作性上室性頻脈、心房細動

----------------------------------------------------------------

◆ジゴキシン(抗不整脈)

1錠0.25mg,  注0.25ml/1ml

適応)うっ血性心不全、心房性頻拍、心房細動、心房粗動、心室性期外収縮、

急速飽和

 

最初の24時間に飽和量1.25mgを投与するために0.5mgを10分で静脈内に投与し、其の後、0.25mgを4-6時間ごとに3回経口投与し、以後は、維持量として、0.25mgを1日1回経口投与してもよい。

また、0.25-0.5mgを2-4時間ごとに効果がみられるまで投与し、飽和量1.0-1.5mgを投与する方法もある。

ジゴキシン有効血中濃度は、心不全では0.8-1.8ng/ml、心房細動では1.0-2.3ng/ml.

副作用)ジギタリス中毒、消化器症状として、食思不振、悪性悪心、

禁忌)ジギタリス中毒、低カリウム血症、高カルシウム血症、肥大型心筋症、房室ブロック、WPW症候群、粘液水腫

 ---------------------------------------------------------------

◆アミサリン(プロカインアミド)Naチャンネル抑制

錠(125mg, 250mg), 注(100mg/1ml, 200mg/2ml)

徐放錠を6時間毎に500mgから始める。初回負荷量は、1000mgまで、維持量は500 1000mgを6時間毎に投与する。

静脈内投与は、100mgを5分毎に1000mgまで投与する。さらに追加の場合は、1 4mg/mlの速度でのDIV

           副作用)静注後の低血圧、

禁忌)QT延長例

適応)心房性期外収縮、ブロックを伴う心房頻拍、上室性頻拍(PSVT)、WPW症候群、心房細動、心室性期外収縮、心室性頻拍

--------------------------------------------------------------

◆ミリスロール(降圧剤)ニトログリセリン(亜硝酸剤)

急性心不全の場合、開始量0.05-0.1μg/kg/minとし、目的とする血行動態をえるまで、血圧、左心室充満圧をモニターしながら、0.1-0.2μg/Kg/min ずつ増量する。

不安定狭心症の場合、0.1-0.2μg/Kg/minではじめ、発作の軽減、血圧をモニターし、0.1-0.2μg/Kg/minずつ増量し、1-2μg/Kg/minで維持する。

手術時の低血圧維持は、1-5μg/Kg/minで投与を開始し、血圧をモニターしつつ調節。

 

<具体例(原液で使用する場合)>

体重X0.06=( )ml/hr=0.5μg/Kg/min

例)体重50Kgの場合、50X0.06=3ml/hr=0.5μg/Kg/min

◆ミリスロール(5mg/10ml, 50mg/100ml)

◆ミリスロール (5mg/10ml):0.5-10μg/Kg/min、0.5rで開始

◆ミリスロール 10ml/hr原液

◆ミリスロール原液 20ml/hr

----------------------------------------------------------------

◆ヘルベッサー(10mg, 50mg)

◆ヘルベッサー(5r-15r)、5rから始める

◆ヘルベッサー6A + NS 40ml

◆(ヘルベッサー10mg + 5%TZ 10ml)1mg/1ml=2.8r

----------------------------------------------------------------

◆マンニトール10ml+ ラシックス10ml= 1:1

----------------------------------------------------------------

◆ヒューマリンRインシュリン1ml + NS 39 ml=40ml→ 0.8ml/hr

----------------------------------------------------------------

◆プロスタグランジンE1

注射用プロスタンディン500(500μg/vial)

外科手術時の低血圧維持

外科手術時の異常高血圧の救急処置

1vialを100mlの5%TZに溶解し、0.1-0.2μg/Kg/minの速度でポンプを用いて、点滴静注する。血圧が下降すれば、0.05-0.2μg/Kg/minで維持する。

または、1vial(500μg)を(833/体重)mlの5%TZで溶解し、(溶解度1ml/hrの投与が10ng/Kg/minに相当する)、10ー20ml/hrで開始し、血圧の下降に応じて投与量を調節する。

 

PGE1 1.5 ml/hr

◆プロスタンディン(500μg/V)+NS50ml (10μg/V/ml/hr)

5-10μg/min, 0.1-0.2μg/Kgで投与、

50Kgの人の場合、5ー10μgは、0.5-1.0ml/min

PGE1 500μg+5%TZ 50ml

◆肺高血圧症に対して:(PGE1 500μg + 5%TZ 50 ml)を1ml/hrで

◆血圧上昇時:

(プロスタンジン500(PGE1)+5%TZ 50ml) 10μg/ml、2ml/hrでstart,

一日で1A

本来は、5-10μg/分、よって、30ー60ml/hr

低血圧維持には、通常2.5-10μg/min(0.05-0.2μg/kg/min)

----------------------------------------------------------------

◆ペルジピン(降圧剤)(塩酸ニカルジピン)(カルシウム拮抗剤)

10mg,20mg/1T, 2mg/2ml, 10mg/10ml)

術中術後の異常高血圧、冠スパズム予防治療、肺高血圧治療、

生理食塩水又は、5%TZで希釈。濃度は、0.01-0.02%(1mlあたり0.1-0.2mg)の溶液を点滴静注する。持続静注の場合は、2-10μg/Kg/minではじめる。

生食100mlに12mlのペルジピンを加えると、約0.01%の濃度になる。

副作用)顔面紅潮、熱感、のぼせ、頭痛、低血圧

◆ペルジピン(Ca拮抗剤)2mg/2ml

20mg/20ml, 2ml/hr(0.6r), 2-10μg/kg/hr 2-10r DIV

アダラートの静注版ということで、1/4A-1/2A iv one shotすることもある。

----------------------------------------------------------------

◆アルフォナード→腹部膨満感

(アルフォナード4A+5%TZ 50ml)15ml/hr

----------------------------------------------------------------

◆K減少させる目的で、

5% TZ 500ml, 50%TZ 100ml, ヒューマリンR22 IUのボトルをいく

----------------------------------------------------------------

GIK療法(Kを下げる):(5%TZ 500ml(25g glucose) + 25 IU インスリン)

             glucose 5gに対して、インスリン1 IUでつくる。

 

50% TZ 200ml(100g)

20% TZ 100ml(20g)

 

 

5%   TZ 200ml(10g)

ネオラミンマルチ

ヒューマリンR26 IU        130gのグルコースに対して、26単位のインスリン

----------------------------------------------------------------

◆ネオフィリン(アミノフィリン)250mg/10ml, 100mg/1T

適応)気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患の急性憎悪、心臓喘息

1)24時間以内に徐放性テオフィリン製剤の投与を受けていない場合、または、血中テオフィリン濃度が5μg/dl以下の場合、

アミノフィリン1mg/kgのローディングで血中テオフィリン濃度は、約2μg/mlの上昇が見られる。体重50Kgに対して、(ネオフィリン注(250mg)1A+20%TZ20ml)を5分以上かけてゆっくり静注する。これで、不十分な効果なら、ネオフィリン注(250mg)1A+ソリタT3500ml)6時間かけて点滴静注する。または、シリンジポンプで、0.9mg/kg/hrで投与しても良い。

2)徐放性テオフィリン製剤を連日400mg/dayで内服している場合、または、血中テオフィリン濃度が5-10μg/dlのとき、

ローディング量を1/2に減量する。体重50Kgの症例を初回投与量としては、ネオフィリン注(250mg)1/2A+20%TZ20ml)を5分以上かけて静注する。さらに必要に応じてネオフィリン注(250mg)1A+ソリタT3500ml)6時間かけて点滴静注する。

3)徐放性テオフィリン製剤を連日400mg/dayで内服している場合、または、血中テオフィリン濃度が10-20μg/dlのとき、

ローディングは行わず、同様にシリンジポンプで、0.9mg/kg/hrで投与しても良い。

副作用)嘔気嘔吐、頻脈、不整脈、

◆テオドール(ネオフィリン)(250mg/10ml)40,100,200mg/1T

2ml/hr(原液)で投与、喘息発作予防のために、0.7mg/Kg/hrで維持した。

----------------------------------------------------------------

◆ソルコーテフ500mg/4ml、Asthma発作に対して

ショック、喘息重積状態に対して、ヒドロコルチゾン(ソルコーテフ)0.1-1g

1回250-1000mg, 1日1回から数回iv, div

◆グルココルチコイド

適応)補充療法としての内分泌疾患、抗炎症作用を期待する非内分泌疾患(気管支喘息、アレルギー疾患、皮膚疾患、炎症性腸疾患、肝疾患、悪性新生物、ショック、脳浮腫、脊髄損傷、ARDSなど)

hydrocortisone(水溶性ハイドロコートン)作用時間短い

predonisolone(プレドニゾロン、プレドニン)中間型

dexamethasone(デカドロン、)長いもの

----------------------------------------------------------------

◆ソルメドロール(125mg, 500mg, 1g)

◆デカドロン(8mg/2ml)

----------------------------------------------------------------

◆フェンタネスト 0.1mg

0.1mg/Kg,  Pt(27Kg)は、27A, 100r

----------------------------------------------------------------

◆ドブトレックス:

心収縮力↑、末梢抵抗↓↓、肺動脈けつ入圧↓、左室充満圧↓、右房圧↓、左心右心機能↑

乏尿無尿例で利尿、(心機能アップで2次的利尿)

代謝性アシドーシス時にも正常と同様に効く。

----------------------------------------------------------------

◆カタボンHi  7ml/hr, 7r

--------------------------------------------------------------- 

 ◆ラシックス(フロセミド)20mg/2ml, 20mg,40mg/1T

適応)うっ血性心不全、急性腎不全、降カルシウム血症

うっ血性心不全に対して

前負荷軽減を目的にして10ー40mg静注から開始する。

小児の常用量としては、2mg/Kg,最大6mg/kgまで増量できる。

急性腎不全に対して

40-80mg静注を行う。

一回最大投与量500mg、一日最大投与量1000mgまで増量可能である。

20-200mg/hrの点滴静注でもよい。

 ---------------------------------------------------------------

◆アルダクトンA (スピロノラクトン)25mg,50mg/1T,

K+排泄を抑制する点にあり、速効性のラシックスと併用して、利尿効果は相乗され、しかも低カリウム血症を防ぐ。

----------------------------------------------------------------

 ◆アレリックス(ループ利尿薬)(3,6mg/1T、注6mg)

----------------------------------------------------------------

  老人不隠:セレネース1A im、または、1/4A ivで様子見る。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

◆コントミン(塩酸クロルプロマジン)10mg/2ml, 25mg/5ml

α1受容体、ドパミン受容体、ヒスタミン受容体、その他の受容体の遮断作用を有し、体血管拡張剤としての使用、精神分裂病、神経症、嘔吐、麻酔前投薬、人工冬眠、鎮静などひろい医学的用途をもっている。

使用法)血管拡張療法としては、開心術直後では1-2.5mgずつ血行動態を観察しながら、総量0.5-1.0mg/Kgまで慎重に投与する。

----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+----+

◆レペタン(0.2mg/1ml) 1/2A im

◆ミオブロック(4mg/2ml)

----------------------------------------------------------------

◆レスピレーター装着患者の長期不隠時

(ソセゴン15mg, セルシン10mg、ミオブロック2 mg) iv

----------------------------------------------------------------

◆プロスタルモンF(子宮収縮剤)(1mg/1ml,)腸管蠕動運動亢進、

1-2mgを0.1μg/Kg/minで点滴、(プロスタルモンF1A + NS50ml) 3hrでDIV

---------------------------------------------------------------

tPA(tissue plasminogen activator), proUK(血栓溶解剤)

tPA投与適応例の選択

1)急性心筋梗塞の診断に合致

2)発症6時間以内(保健適応)

3)年齢75才以下

4)血圧160/95mmHg以下にコントロール

5)禁忌例の除外

使用法)

1)冠動脈内投与、チソキナーゼ1 vial(160万単位)または、ナサルプラーゼ1 vial(1500単位)を10分かけて、冠動脈内に投与する

2)静脈内投与、チソキナーゼ、アルテプラ=ゼも同時に使用する。静脈用チソキナーゼ(1 vial=360万単位)計1440万単位(4 vial)を投与する。またアルテプラ=ゼ(1 vial=600、1200、2400万単位)を投与する。上記量のtPAを生食100mlに溶解し、そのうち10mlを1分間で静注し、残り、90mlを輸液ポンプを用い、1時間で投与する。

禁忌)

1)現在の出血(消化管出血、気道出血、尿路出血、頭蓋内出血、外傷、手術直後)

2)出血性素因のある患者

3)最近の手術施行例(2週間以内野手術既往、2か月以内の頭蓋内手術既往)

4)頭蓋内出血の既往例、脳動脈瘤、動静脈奇形など。

5)コントロール難な高血圧(160/95mmHg以下にする)

6)糖尿病性出血性網膜症

7)急性大動脈解離(急性心筋梗塞の合併有り)

8)切迫心破裂んお疑われる症例

9)妊娠している患者

----------------------------------------------------------------

■鼻カニューレ         流量1L       FiO2           0.25

2L       0.30

                     6L           0.40

O2マスク           6L           0.40

8L       0.60

 ---------------------------------------------------------------