薬物の準備方法】(以下の薬についてはクリックするとその説明にジャンプします)

 


 

イノバン

ドブトレックス

ノルアド

ボスミン

プロタノールL

ミリスロール

ペルジピン

ヘルベッサー

レギチーン

プロスタンディン500

アルフォナード

シグマート

ヒューマリンR

キシロカイン

ニトプロ

輸液製剤電解質成分

 


 

薬品名(規格) a.希釈法、b.1ml/hでの投与量、c.常用量

1.イノバン(dopamine)(100mg/5ml/Ap)

a.体重(kg)×0.15mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.1μg/kg/min

c.3〜10μg/kg/min

2.ドブトレックス(dobutamine)(100mg/5ml/Ap)

a.体重(kg)×0.15mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.1μg/kg/min

c.3〜10μg/kg/min

3.ノルアド(noradrenaline)(1mg/ml/Ap)

a.体重(kg)×0.03mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.0.01μg/kg/min

c.0.005〜0.02μg/kg/minまたは、0.02〜0.3μg/kg/min

4.ボスミン(adrenaline)(1mg/ml/Ap)

a.体重(kg)×0.03mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.0.01μg/kg/min

c.0.005〜0.3μg/kg/min

5.プロタノールL(0.2mg/ml/1Ap)

a.体重(kg)×0.15mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.0.01μg/kg/min

c.0.005〜0.1μg/kg/min

6.ミリスロール(50mg/100ml/1V)

a.原液を使用

c.0.3〜1.0μg/kg/min

7.ペルジピン(10mg/10ml/1Ap)

a.原液を使用

c.0.5〜1.0mg静注、引き続き0.5〜6.0μg/kg/minで投与

8.ヘルベッサー(diltiazem)(10mg/1Ap、50mg/1Ap, Ca拮抗薬)

*冠動脈スパズムの予防効果

*体重(kg)×0.3mgを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈(0.1μg/kg/min=1ml/hr)

a.冠血管スパズム予防 0.25〜5μg/kg/min

b.脳血管攣縮予防   0.8〜3.0μg/kg/min

c.術中異常高血圧   5〜15μg/kg/min

9.レギチーン(10mg/ml/1Ap)

a.体重(kg)×0.03mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.0.1μg/kg/min

c.0.2〜3.0μg/kg/min

10.プロスタンディン500 (PGE1) (500μg/1Ap)

*500μgを5%ブドウ糖液にて全体で(833/体重(kg))mlに希釈 (0.01μg/kg/min = 1 ml/hr)

a.臓器血流維持  0.01〜0.02μg/kg/min

b.低血圧維持 0.05〜0.2μg/kg/min

c.異常高血圧 0.1 〜0.2μg/kg/min

Doseを多くすると頻脈になる。

適応に注意すること

1)手術時の異常高血圧

2)高血圧、軽度虚血性心疾患合併の低血圧維持

3)臓器血流維持、肝細胞保護

4)肺高血圧(0.02-0.1μg/kg/min)

5)新生児のPDA開存目的

11.アルフォナード(250mg/1Ap)

a.250mgを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

c.5〜100μg/kg/min

12.シグマート(12mg/1Ap)

a.48mgを5%ブドウ糖液にて全体で48mlに希釈

c.2〜6mg/h

13.ヒューマリンR(40U/ml)

a.1mlを生理食塩水で全体で50mlに希釈

*実際の濃度は、0.5U/ml位になる。

14.キシロカイン(100mg/5ml/1Ap)

a.原液で使用

c.0.4〜3.0mg/kg/h

15.ニトプロ(ニトロプルシドナトリウム)

a.10ml を5%ブドウ糖で50mlに希釈。(1.2mg/ml)

c.0.5〜2.0μg/kg/min

*シアン中毒(耐薬性、代謝性アシドーシス、静脈血鮮血、脈圧低下の難治性低血圧)に注意(2μ g/kg/minを越える投与の場合や、総投与が 500μg/kg以上の時)

・ ニトプロ中止

・ 純酸素換気

・ 亜硝酸アミル吸入(1Aを3分で、5分毎に続ける)

・ 3%亜硝酸ナトリウム注(10ml)を3分で静注

・ 10%チオ硫酸ナトリウム注125mlを10分以上で静注以上を30分以内に

・ 効果なければ、最後の2つを半量で投与

 

*小児の場合は、希釈率を下げ配合禁忌がない限り5%ブドウ糖液て希釈する。

例:イノバン(100mg/5ml/Ap)

a.体重(kg)×0.3mlを5%ブドウ糖液にて全体で50mlに希釈

b.2μg/kg/min

c.3〜10μg/kg/min

 

輸液製剤電解質成分 (mEq)

 

製品名

Na

K

Ca

Mg

Cl

乳酸

酢酸

ブドウ糖(%)

ラクテック

130

4

3

109

28

ヴィーンF

130

4

3

109

28

ヴィーンD

130

4

3

109

28

5

ソリタT1

90

70

20

2.6

ソリタT3

35

20

35

20

4.3

KN3B

50

20

50

20

2.7

サリンヘス

154

154

HES6%

生理食塩水

154

154