全身麻酔のかけ方

 

1)イソゾール  5mg/kg  (50kgのヒトは、250mg)

  はじめにイソゾール液20mlで作製して、1-2ml iv して不整脈、低血圧、喘息発作等出現しないのを数分間観察後、必要量静注する。

60kgのヒトは、12ml iv

アンビューバッグで、呼吸を維持する。酸素100% (6L/min)

 

2)サクシン   1mg/kg

眠ったところで、サクシン50mg ivする(50kgのヒトは、50mg)

胸から足先まで、fascilationが届いた後、挿管する。固定。

マーゲンチューブをいれる。

 

3)マスキュラックス(発現速く持続短)1A

  ミオブロック(発現遅く持続長)1A

 

維持      マスキュラックス 1/2A   1hr

        ミオブロック   1/2A   1hr

 

笑気:酸素   セボフルレン 3 - 5%    ハロセン 0.5% - 1.5%

 50:50

 4l:2l

 3l:3l

 

血圧 90-120

脈拍 60-80        低下するなら 輸液維持

                尿量

                RR 12/min  一気に押して一気に離す

点滴 

 

 

バッキング時    →     hyperventilation

                           ガス麻酔を約2%へup

             後にマスキュラックス1/2 A iv.

 

閉腹時       →  リヴァース 1A

                           or

                          硫酸アトロピン 2A             

             ワゴスチグミン   2A

 

Asthma up なら フローセンかがせる