医学博士 綾部 貴典 (あやべ たかのり)
NAME TAKANORI AYABE, MD, PhD
専門分野

臨床(一般外科、呼吸器外科、心臓血管外科、消化器外科)
基礎研究 (生化学、酵素、分子生物学、アデニル酸キナーゼ)

最近の関心事

がん統合治療, 予防医学(がん/生活習慣病), Anti-Aging Medicine (抗加齢医学), LOHAS

現在の目標

患者中心主義と全人的医療の実践医学、エビデンス、サイエンスに裏付けられた統合医療の実践衛生学・公衆衛生学によるヒト生活環境を考察した医療の応用小児から高齢者まで全世代、頭から足先まで、総合的ファミリードクター生活習慣病、生活環境病、加齢を克服する予防医学的治療の開発、実践

趣味 LOHAS、Web製作
E-mail tayabe@med.miyazaki-u.ac.jp
Personal WEB

http://www.ayabe.umin.jp

http://ayabe.umin.jp

現在の近況

医学博士(博甲第167号, 宮崎医科大学学位授与)
 

宮崎大学医学部第2外科
(胸部外科担当、呼吸器外科グループ所属)

日本外科学会認定医
外科専門医
日本胸部外科学会認定医
呼吸器外科専門医
略歴:


1966 宮崎市生まれ。
1991 宮崎医科大学医学部卒業。
1991 宮崎医科大学医学部第2外科入局後、2年間研修医として、呼吸器外科、消化器外科、心臓血管外科の臨床に従事。
1993

宮崎医科大学大学院医学研究科博士課程(衛生学教室、濱田 稔教授)に入学し、生化学と分子生物学を学び、アデニル酸キナーゼ(Adenylate Kinase)の構造と機能の解析」の研究を生化学、分子生物学、蛋白質工学的手法で従事。

同時期に、京都大学霊長類研究所(遺伝子情報部門 竹中 修教授)との共同研究において、AK遺伝子変異実験、AK変異酵素遺伝子解析、AK変異酵素の解析に従事。

1997 医学博士を授与(Essential Lysine Residues in the N-terminal and the C-terminal Domain of Human Adenylate Kinase Interact with Adenine Nucleotides as found by Site-Directed Random Mutagensis. Biochemistry 36, 4027-4033, 1997)
1997

文部教官 宮崎医科大学助手(衛生学教室)

宮崎医科大学第2外科にて、2年間、胸部外科(呼吸器外科, 心臓血管外科)の臨床と研究に従事。

1999 宮崎市郡医師会病院外科にて、2年間、救急医学、麻酔、胸部外科(心臓血管外科、呼吸器外科)、一般消化器外科の臨床に従事。
2001

済生会日向病院外科医長。済生会日向病院外科にて、1年間、消化器外科、呼吸器外科の臨床に従事。

20026 宮崎医科大学第2外科勤務にて、胸部外科(呼吸器外科を中心として)の臨床と研究に従事。
20044 宮崎大学医学部第二外科勤務。
2007年11 宮崎大学医学部附属病院第二外科助教。